家賃支援給付金申請をしよう!申請方法から必要書類までのまとめ

家賃支援給付金を申請 company management
家賃支援給付金を申請
この記事は約9分で読めます。
スポンサー広告
スポンサー広告

家賃支援給付金申請をしよう!申請方法から必要書類までのまとめ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のために休業をしなちゃいけなくなった事業者にとって、大きな問題なのは、家賃などの固定費の支出!!

そこで「家賃支援給付金」が給付されて事業者の家賃について、法人に最大600万円、個人事業主に最大300万円が支給されるんだよ!

そもそも家賃支援給付金って?

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の延長で、売上が減少している事業者の事業継続を支えるために家賃を補助することで、はじめは、「特別家賃支援給付金」とも呼ばれていたけど、「家賃支援給付金」という名称で決定したよ!

給付の対象者はだれ?

対象者は中小企業、個人事業主・フリーランスの中で、コロナウイルスの影響で収入が減って、家賃の支払いに困っているすべての事業者。

具体的には、3つの条件を満たす事業者だよ。

  1. 資本金10億円未満の、中小企業・個人事業主(フリーランス)、または、常時使用する従業員数が2000人以下の事業者で、2019年12月31日以前から事業活動をしていて、今後も事業を継続する意思があること。
  2. 新型コロナウイルスの影響で、5月~12月の売上高について、「ある1か月で前年同月比50%以上減少」か「連続する3か月で前年同期比30%以上減少」もしくは「連続する2か月で前年同期比30%以上減少」していること。
  3. 自らの事業のために直接占有する土地・建物の賃料の支払いがあること。

今年(2020年)開業の場合は?

上記の条件ですが、今年(2020年)に開業した事業者は当てはまらないんだけど、政府は、2020年1月~3月に開業した事業者も給付の対象とする方向で検討しているよう。

詳細は別途、公表される予定です(^^)/

気になる給付額はどのくらいなの?

中小企業:最大600万円

家賃(賃料)が75万以下の部分については、家賃の3分の2までの範囲で、支給されるよ。

家賃(賃料)が75万円から225万円までの部分は、家賃の3分の1までの範囲で支給される。

上記の両方を合わせると、1か月当たりの支給の上限は100万円!

6か月分支給されますので、中小企業の上限は600万円!

仮に家賃が月額150万円だとすると、次のような計算になる。

・75万円までの部分:75万円×2/3=50万円

・75万円超の部分:(150-75)×1/3=25万円

・合計75万円

・6か月分:450万円

個人事業主(フリーランス):最大300万円

家賃(賃料)が37.5万円以下の部分は、家賃の3分の2までの範囲で、支給されるよ。

家賃(賃料)が37.5万円から112.5万円までの部分については、家賃の3分の1までの範囲で、支給される。

上記の両方を合わせると、1か月当たりの支給の上限は50万円です(^^)

6か月分支給されますので、個人事業主(フリーランス)の上限は300万円(^^)

給付額の計算ってどうやるの?

給付額は、申請日の直近1か月以内に支払った金額を基に計算するよ。

たとえば、給付金の申請を8月10日に行った場合は、7月11日~8月10日に支払った家賃が計算の基礎となる。つまりは1か月分の給付額ってことになるんだよ。

申請はいつまで?いつもらえるの?

家賃支援給付金の申請期間は、2020年7月14日~2021年1月15日だよ。

いつもらえるか?について、家賃給付金サイトでは、特に明示されていないの。

だいたい、申請から2週間くらいが目安になるんだけど、審査の状況によって、それ以上、時間がかかることもあるみたいだよ。

給付はいつから?

8月4日から給付が開始されているよ(^^)/。

申請・給付の状況

8月20日の日本経済新聞の報道によると、8月17日時点での申請件数は約29万件であり、給付は約2万件と全体の1割にも満たない状況なんだって。

申請書類が多く申請が難しいことが課題みたい。。。

申請方法

○オンライン申請(WEB申請)

原則、パソコンやスマホを利用しての、オンライン申請(WEB申請になるんだって。

申請の流れと概要を簡単に記すよ。

  1. 家賃支援給付金ホームページへアクセス。
    メールアドレス・ID・パスワードを登録してマイページをまずは作成!
  2. 作成したマイページの申請フォームから必要書類を添付して申請!
  3. 家賃支援給付金事務局で申請内容をしっかりと確認!
  4. 家賃支援給付金事務局から、申請者本人と賃貸人または管理業者宛に給付通知書を発送してもらい、その後にようやく登録した口座に振込されるって流れだよ!

申請後、支給が決定すると「家賃支援給付金の振込のお知らせ」が本人と賃貸人に届くからね。

申請サポート会場

オンライン申請が不可能な場合には、申請サポート会場が解説されているからそこで行うよ!

だけど、いくつか注意点があります”(-“”-)”よく確認しよう!

・新型コロナウイルス予防の観点から、完全予約制!!

・会場にコピー機がありませんので、必要書類をあらかじめコピーして持参が必要!!

連続する3か月の売上が30%減の場合

判定条件として、「連続する3か月の売上が前年同期比30%以上減少」に当てはまる場合、対象となる3か月間は、早くても、5月、6月、7月となるよ。

この場合の申請については、8月14日から開始されたよ!

申請に必要な書類

(必要書類はちょっとややこしいんだ…(^_^; )

以下の書類が必要!!

法人・個人共通…自署の誓約書、売上が減った月・機関の売上台帳など(※)、賃貸借契約書の写し、直近3か月間の賃料の支払実績を証明する書類(銀行通帳の写し、振込明細書等)、給付金の振込先がわかる口座情報だよ。

法人の場合・・・
2019年分の確定申告書別表一の控え、法人事業概況説明書の控え、受信通知(e-Tax利用の場合

個人事業主の場合・・・
確定申告書第一表の控え、所得税青色申告決算書の控え、受信通知(e-Tax利用の場合)、本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバー等)

※売り上げが減ったことを証明する売上台帳として以下のようなものがあるからね。

「2020年○月」と月が明確に記載されている必要!

・経理ソフトから抽出した売上データ
・表計算ソフト(エクセルなど)で作成した売上のデータ
・手書きの売上台帳のコピー

問い合わせ先

家賃支援給付金コールセンター
℡:0120-653-930
受付時間:8:30~19:00
8月31日まで:全日対応
9月1日以降:平日、日曜日のみ対応(土曜日・祝日除く

家賃(賃料)の範囲ってどこからどこまで?

給付額の計算の基礎となるのは、申請日の直近1ヶ月に支払った家賃(賃料)です。

家賃(賃料)には、何が含まれるのかは、重要なポイントだよ!

給付額の算定の基礎となる契約・費用

以下の契約・費用が、計算の基礎となる家賃(賃料)に含まれるよ!!

・賃貸借契約(土地・建物)
・賃料
・共益費・管理費(※)

※共益費・管理費が、賃料について規定された契約書とは別の書類に規定されている場合は、給付額の算定の基礎には含まれないよ。

以下の契約・費用は、計算の基礎となる家賃(賃料)に含まれません。

・貸主と借主が一親等以内の場合の賃貸借契約(夫婦間・親子間など)
・電気代、水道代、ガス代などの光熱費
・更新料、礼金、解約違約金など
・動産の貸借料、リース料
・転貸を目的とした取引
・不動産ローン返済額
・テナント回避
・敷金、保証金
・減価償却費
・売買契約
・保険料
・修繕費

給付対象となる契約期間に注意してね

給付の対象になるには、下記のすべての条件を満たす事!!

2020年3月31日の時点で、有効な賃貸借契約があること

申請日辞典で、有効な賃貸借契約があること

申請日より直前3か月の賃料の支払い実績があること

補足)3月31日以降、引っ越し、再契約などした場合、例外として提出するべき書類があるよ。

給付額をシミュレーションしてみよう

じゃあ、個人事業主の場合を例に、実際の支給額のシミュレーションをしてみよう!
//中小企業も金額が違うだけで、考え方は同じだよ//

支給金の支払いに関する計算式や条件をもう一度整理しておくね!

・条件
2020年5月~12月のある1ヶ月の売上が前年同月比50%以下であること、
または、連続する3ヶ月の売上が前年同期比70%以下(30%以上減少)であること

・給付額の計算式
家賃37.5万円以下の部分:家賃×2/3×6
家賃37.5万円超112.5万円以下の部分:(家賃-37.5)×1/3×6

よくある質問

Q:自分で所有していて、ローンを支払い中の土地・建物は対象?

 対象にならないよ。支払っている賃料だけ対象!

Q:「自宅」兼「事務所」の家賃は対象ですか?

 「事務所」の部分のみが対象になるよ。確定申告書で損金に計上している部分など、合理的な方法で按分するよ。

Q:管理費や共益費も含まれますか?

 賃貸借契約書で、賃料と一体的に取り扱われている場合は対象になるよ。

Q:賃貸借契約書の賃貸人(かしぬし)の名義と現在の賃貸人が異なる場合は?

 賃貸借契約等証明書(賃貸人の名義が異なる場合)を提出すれば、給付対象になる場合もあるよ。

Q:不正受給をするとどうなりますか?

提出された書類に疑いがある場合は、申請者および関係者に対して、事情聴取や調査をされることがあるよ。不正受給が判明した場合には、次のような対応になることがあるよ。

・支給された給付金の全額に不正受給の翌日から返還日まで年3%の割合の延滞金と、これの合計額の2割の金額を加えた額を、申請者は支払わないといけないよ。
・不正受給した申請者の法人名などの公表
・不正受給した申請者を告訴または告発

不正受給は、本当は給付金を受け取ることができないのに故意に虚偽の情報を記入して受給すること!

たとえば、廃業することが決まっていたのに「事業を継続する意思があること」の宣誓をすることは不正受給ですよ!!不正受給なんてことにならないようくれぐれも気を付けてくださいね!!

持続化給付金との関係

中小企業と個人事業主を対象に、使途を限定しないで事業全般に利用できるのが「持続化給付金」。
法人には最大200万円まで、個人事業主には最大100万円までが給付されるよ。

持続化給付金は、「使途を限定しない」のが特徴だから、持続化給付金を家賃の支払いに充てることも可能です。

持続化給付金と今回の家賃支援給付金はまったく別の制度ですので、仮に持続化給付金を家賃の支払いに充てたとしても、家賃支援給付金の条件を満たしていれば、家賃支援給付金の申請・給付を受けることが可能です。

私も数名に申請方法を聞かれましたが、これまたややこしく…、スマホだと手軽く感じますが、添付書類が1枚しか添付できなく、結局PCでやった知人もいました(^_^;)受付開始された家賃支援給付金をしっかり申請して、みんなでこの危機を乗り越えましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました