今、資産運用の必要性その4~株式投資で資産運用NO.1

株式投資で資産運用 stock investment
株式投資で資産運用
この記事は約7分で読めます。
スポンサー広告
スポンサー広告

今、資産運用の必要性その4~株式投資で資産運用NO.1

近年はインターネット証券会社などのオンライントレードの普及から、一般個人投資家がたくさん参入している株式投資はすでに投資としてはあまり知らない人はいなんじゃないかと思うくらいメジャーな投資として有名だよね。

今回は、まだ株式投資をやったことがない人向けにゼロベースから解説をしていこうと思う。

株式投資って、専門知識が必要な感じがするし、難しそうって考えている人はたくさんいると思うんだ。

しかし、意外と捉え方を変えたら私たちの身の廻りで直接接している多くの商品やサービスこそが、各企業の株式、つまり株価を動かしている企業の姿になるんだ。つまりは意外と身近な存在だって事だね。

企業は、新製品の研究や開発をする資金、工場や機械などを購入する資金、人を雇ったりする資金、運転資金などの実に多くの使途名目の資金を、長期に渡って必要とするんだ。

だからこそ、これらまとめて「企業活動」のための「事業資金」を株式で集めるという仕組みをとるんだ。

なるべく、わかりやすく解説して進めて行くけどもしも、わかりづらかったり不足があれば遠慮なく私までメールフォールから感想を送ってね。

株式投資は株や企業をはじめ、証券会社などの多くのキーワードが出てくるから2回にわけて解説するのでしっかりと理解して、準備をしてからはじめる事をおすすめするよ。

株式ってなに

株式とは、株式会社によって発行される「有価証券(金銭的価値のある金券)」の事だよ。

これはね、会社に大切なお金を投資する代わりに、その会社の所有権の一部を貰う権利という事なんだ。

おっと、いきなりわけがわからなくなってきそうだよねwww
もう少しかみ砕いて説明を続けよう

ここでは、私たち個人(投資家)を例にあげて解説をしていくからね。

株式投資ってのは、私たちが「成長しそうな企業」、「応援したい企業」、「株価が値上がりしそうな企業」などのさまざまな理由から、その企業にお金を出してあげて代わりにその会社の株券とよばれる、会社の所有権を形にした「有価証券=株券」と交換をする投資方法なんだ。

例)投資家AさんがA社に10万円を投資した場合
投資家Aさん→A社に10万円を渡す
投資家Aさん←A社から10万円分の株券を渡す
これでAさんは10万円分のA社の会社の所有権(株券)を取得したことになる

会社の所有権を取得するってどういうことなの

それではもっと、具体的に例を挙げながら解説をしていこう。

株式投資では、各企業が発行する「発行済み株式数」と呼ばれる自分の会社を1株いくら、と決めた価格で会社を株券化した発行済み株式数から、さらに株式市場で取引が出来る一部の株数において私たちは取引をします。

わかりやすく例を挙げると

発行済み株式数がB社「10,000株」、株価「1株100円」だったとしよう。

そうすると、100円の株価×10,000ですからこの会社は「100万円」ということになる。

俗に言う、会社の「時価総額」と呼ばれるものだね。よく、ライブドア事件の時にホリエモンが口にしていたあの時の、会社の時価総額がまさにこの事を指していたんだね。

つまりは、この会社は理屈でいえば「100万円の価値だから100万円で買える」という事になるんだ。

もちろん、実際はお金を出せば買えるというわけではなから間違えないようにね。

株を持っている人を「株主(かぶぬし)」って言うんだけど、株主が売らなければ誰も彼等の株を取得する事は出来ないわけだし、一般的に株式市場(株を売買する場所)に出回っている私たちが売り買い出来る株数も実際には、発行済み株式数の一部であって全部ではないんだ。

でもさ、じっさい会社の一部を所有出来るってすごいよね?ワクワクするwww

ただし、実際に上場企業と呼ばれる私たちが株式投資の対象とする、企業はどれも莫大な時価総額だから一般個人がその企業の「1%を取得することですら難しい」ってのが現実だからね。

かの有名なトヨタ自動車の株価を2020年2月の1株7,500円で100株を取得したとしたら75万円が必要。

じゃあ、75万円で100株トヨタ自動車の株を取得したら、トヨタ自動車の何%を所有出来るのか?

答えは「0.000003%」となる。つまりそれだけ莫大な時価総額ということになるんだ!すごいよね汗

株式投資で狙う3つのメリット

現実的に、会社を買い取る(俗に言う買収)なんて事は一般投資家の財力では桁違いに困難である事がなんとなく、わかってくれたと思うから次はいよいよ実際に株式投資で私たちが狙うメリットを3つ!解説しよう。

配当金(インカムゲイン)で儲ける

配当金というのは、企業が企業活動(事業)で稼いだお金のうち数%程度を株主(会社の所有者)たちへ還元する分配金のことだよ。

例)C社1000万円の利益で5%の配当金
C社が1000万円の利益を稼いだとしよう。
そのうち、半分は内部留保として会社に貯めておいて、残りの半分を配当金にした場合、500万円が投資家である株主たちに均等に分配されるという流れになるんだ。

株主CさんがC社の株の5%の所有権(株券)を持っている場合は500万円の5%である「20万円」を配当金として受け取る事が出来るという事だね。
※すべての企業が配当金を出しているわけではないので注意してください

売買差益(キャピタルゲイン)で儲ける

売買差益というのは、「実際の株式を売買によって取引して得た差額」の事なんだ。
一般的に、株式投資で儲けるという事はこの売買差益の事を指しているんだね。
わかりやすく言えば「安く買って高く売る」といういたってシンプルな仕組みなんだ。

例)C社1株100から120円で売却した売買差益
月曜日にCさんがC社の株を1株100円で100株購入した。
金曜日にCさんがC社の株を1株120円で100株売却した。
すると、手元には1株20円の売買差益×100株=2,000円の儲けが出た

これが安く買って高く売るという売買差益、株式投資の醍醐味ともいえる方法なんだね。

株主優待で得をする

株式投資では、ただ単純に儲けるだけではなく各企業が条件や株数などに応じて提供している株主だけに限られた優待を出している企業もあるんだ。
これが「株主優待(かぶぬしゆうたい)」と呼ばれる、企業の所有者である株主たちに企業が投資してくれているお礼として提供する権利だ、特権とも言えるよね。

具体的には、企業の商品や施設利用割引券からクオーカードなどほんとに多くの株主優待が存在する。
個人的には、かなりの映画通だからイオン(8267)が提供するワーナーシネマの映画鑑賞料金割引なんかはめちゃくちゃ嬉しい株主優待と言えるね。
けっこうここは、各々生活している中で趣味や嗜好が違うんだからみんながそれぞれに合った株主優待を狙って株を所有するってのもありだから覚えておこう。

注目株主優待一覧がわかりやすく掲載しているから見てみてね

https://www.kabuyutai.com/kobetu/

株式投資のデメリットとリスクとは

株式投資の世界では、いまや日本株だけでも3700社を超える上場企業へ投資が出来るだけではなく、海外の株式市場への投資も証券会社によっては可能な時代なんだ。

これら数多の企業に、さきほど解説した「売買差益」と呼ばれるキャピタルゲイン(売買益)を狙って投資するのはリターン(利益)と同時にロス(損失)というリスクも存在する事を頭にいれよう。

IT企業の台頭により、時に「テンバガー」と呼ばれる株価が10倍以上に値上がりして株式時価総額が10倍に高騰するような銘柄(上場企業)もあるから、とんでもないお金を稼いでいる投資家さんも実際には存在しているんだよね。ほんと羨ましいわ~(≧▽≦)/

ただし、さっき「安く買って高く売る」って開設したのとは逆に株価が下落した時は、かえって利益ではなく損失が生じるってことになるんだ!
これが値動きによるリスクだからしっかりと理解をしよう。

例)株価の値動き
1株100円→120円(値上がり)
1株100円→80円(値下がり)
つまりは、100円で株を取得して80円なら20円の損失という事になる!
ただし、売却(決済)するまではこれは確定しないからそれまではいわゆる「含み損(ふくみぞん)」と呼ばれる状態になるんだ。逆に利益が出ている状態を「含み益(ふくみえき)」と呼ぶから覚えておこう。

つまりは、買う時のタイミングと売る時のタイミングが大事ってことだね!
買って損失が出てても売らなければ含み損のまま、含み損から利益が一転して出たら売却をして利益を確定という事も当然、出来るわけだから売買のタイミングが最も大切になるからしっかりと理解しよう。

つづきはNO2でやるから楽しみに待っててね。

shunbow
shunbow

お金を自分の資産で稼ぐうえで”何に投資するか”ということはとっても大切!
だからこそ、世の中にたくさんある投資をまずは軽くでいいからのぞいてみてね

資産運用はこれからの私たちの人生にとって必要不可欠なある意味で”真にお金を稼ぐ仕事”と言えるくらい大事なことだからしっかりと、自分に合った資産運用の方法を見つけたら即実行しよう!

資産運用が一目でわかるさまざまな投資方法はこの記事を読んでみてね

今、資産運用の必要性その1~老後資金?副収入?資産を増やせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました